【映画感想】マッチスティック・メン詐欺師による詐欺映画の決定版

【映画感想】マッチスティック・メン
詐欺師による詐欺映画の決定版

マッチスティック・メンとは

詐欺男という意味の俗語だそうで。
詐欺を題材にした映画はたくさんありますが、この映画も立派に見るものを騙してくれます。

テーマは「あなたは必ず騙される」
いいですね〜〜。

いや〜騙されるって最高に気持ちがいい!!
もちろん、映画の意味で。笑

主役はニコラス・ケイジ。もう安定の大スターですね。
こういう詐欺師やらせたら本当にうまい。ちょっと病的なところなんか最高に震えますよ。

配役も脚本も見事で最後まで一気に見れる娯楽性の高い映画です。

 

潔癖症で詐欺師でバツイチ

ニコラス・ケイジ扮するロイは強迫性障害を患う詐欺師
とにかく汚いものがダメで部屋には塵一つ許さない状況。外出時には薬が必須で、日常生活に支障しまくりな症状です。

ですが、詐欺の実力は折り紙つきで相棒のフランクと共に詐欺ばかりやって稼いでいます。

フランクはロイと対照的で徹底的にガサツで汚い
食べ物は食い散らかすし、油ベタベタの手で人の携帯を触るし(これはちょっと自分も嫌かも 笑)でよくこんな相棒とやっていけたな、と感心します。

フランク役はサム・ロックウェル
相変わらずちょっと感じ悪い役が似合う似合う。

サム・ロックウェルは『グリーンマイル』の囚人役が印象的でした。
もう本当に嫌な感じで誰もが生理的嫌悪感を抱く演技が素晴らしかったです。

ある日、ロイの薬が排水溝に全部流れてしまって急遽追加の薬が必要になります。
もうこの時の薬がなくなって狂ったようなニコラス・ケイジの演技が秀逸。
周りの迷惑なんてなんのその。薬局で処方箋もなしに「薬を出せコノヤロー!!!!」な暴言を吐き、目が血走ります。

で、あまりにも酷いのでフランクがロイに精神分析医を紹介し、会うことに。
その先生の名はクレイン。クレイン先生との診断の末、今の病気の原因は離婚にあったと。

原因を突き止めるために元妻へ電話してみることになりますが、なんせ勇気が出ない。

代わりにクレイン先生が電話してくれることになったのですが…。

 

まさかの娘登場、そして同居

なんと離婚当時妊娠しており、娘がいることが発覚
娘もあって見たいと言っているらしく、嫌々ながらも会うロイ。
14才になった娘アンジェラとご対面。お互い突然のことで最初は困惑しますが徐々に良い関係性へと変わっていきます。
アンジェラ役はアリソン・ローマン。なんとこの時23歳!!23にして14歳の役をやるとは…おそるべし童顔ローマン。

アンジェラもいい暮らしをしている父親に悪い気しない様子で、母親と喧嘩して家出してきたとかで無理やり同居へ。
親子だけども、14年もあってない娘といきなり同居はハードル高い…。しかも自分は潔癖症で、娘の奔放な行動に頭が痛くなりそう…。

アンジェラも家の中を勝手に探り回って、秘密の犬の人形を見つけます。で、その中にはお金と銃が…。
あらら…見つかったね、やばいよ〜〜。

 

好奇心旺盛な14歳。詐欺師になる

ロイとアンジェラはある日大喧嘩してしまい、犬の人形の中の銃がなんなのか追求します。
なるほど、ここであの伏線を回収したのね…。

仲直りのきっかけとしてロイが詐欺師だと告白していまいます。
14歳の好奇心は留まることを知らず、詐欺を教えて!パパ!!と懇願。
娘に詐欺を教える父親ってどうよ、と思いながらも愛する娘に懇願されたら教えてしまうかもしれないという親心もわからなくもない…。
こういう親子関係をちらつかせる展開もうまいです。

アンジェラの詐欺デビューは見事なもので、宝くじの詐欺を使って300ドル稼いでしまいました。
でもロイはそのお金は返してきなさいと言います。
詐欺は教えたが、人として親としてそれは容認できないと言います。偉い。いや、騙したんだけど心意気は偉いなと思います。
ロイの心情にも変化が生まれたのか、潔癖症の反応レベルがだいぶ下がっていました。

 

大きな詐欺の仕事が始まる

ここからネタバレ注意です!詐欺映画なので、何も知らずに見た方が良いかと思います。

クレイン先生を紹介してくれたお礼にとフランクが持ちかけてきた危険な詐欺の仕事を引き受けるロイ。
段取りよく進んでいたが、思わぬトラブルになります。詐欺結構の日が1日早まったのです。

慌てるロイ。今はアンジェラと過ごしている時間…。
見かねたアンジェラは私も手伝う!!と提案。時間もないので止むを得ず連れて行くロイ。

さて、ここは空港。詐欺決行の現場。
事前の予定通り、フランクが詐欺の相手チャックと打ち合わせ中。
遅れてきたロイは座る位置が違うことに気づき、機転を利かせ予定していたソファ席へ座ります。

チャックの背後のBARで騒ぎを起こし、ぐるりと振り向かせる必要があったのです。
で、そのスキにソファの後ろに隠していたバッグと入れ替える…。チャックは何も気づかずに金が入った(と思っている)バッグを持って飛行機に乗る段取り。

BARで騒ぎを起こす役にアンジェラ登場!!グラスを割る演技までやって注目を集めます。
チャックも背後の騒ぎに気付いて思わず振り向きます。そのスキにロイがさっとソファの後ろのバッグと交換!!

取引で手に入れた金と、すり替えた金入りバッグで詐欺成功!

興奮冷めやらず駐車場で車に乗り、さっさとずらかろうとした時…なんとチャックが血相変えて追いかけてきます!!

「騙しやがったな!!!!金を返せ!!!!」

すごい剣幕で追いかけてくるチャック。逃げるロイ。やばいやばいやばい……!!!

 

逃げきった先に待っていたのは…

なんとかチャックから逃げたロイとアンジェラ。金はフランクに一旦預けてしばらく隠れることに。
アンジェラに危険な生活はさせられないと詐欺から足を洗おうとするロイ。
フランクにも話し、いままでの選別にお金を渡します。これはいいな。度々別れようぜ 笑」うまい冗談を言うフランク。

ところがどっこいある日ロイとアンジェラが帰るとそこには銃を構えたチャックが!!
フランクも捕まっており負傷しています。やばいーー。

アンジェラが昔警察の世話になっており、指紋と写真が残っていたのが見つかった決め手…。
まさか自分の娘が原因で失敗するとは思っていなかったロイ。

アンジェラに逃げるように言いますがなんとアンジェラが犬の人形から銃を出して発泡!!

バンッ!!っと被弾し、絶命するチャック。

泣き崩れるアンジェラをなだめながら家に帰れと言います。
撃ったのはパパだと言い、娘の罪を被るつもりです。

アンジェラと別れて自宅に戻ったロイ。チャックの死体をどうにか処理しないと、と思った矢先、そこには何もありませんでした。
そして不意に後ろから襲われるロイ。画面は暗転し、ロイは気を失ったようです。

 

そして衝撃のクライマックス

気がつくと病院のベッド。起きてすぐに警察が色々質問してきます。
撃ったのは娘だろう。どこへ行ったとかなんとか。
質問は無視してクレイン先生を呼んでくれと言うロイ。クレイン先生に全部話すと言います。
そして呼ばれたクレイン先生に隠し金庫番号を教え、アンジェラにそのお金を持って逃げるように伝えてくれとお願いします。
安心したのかロイは再び眠りにつきます。

目をさますと誰もいません。外に出るとなんと屋上!!
そして一通の手紙が…。

「親愛なるロイへ」

全てはフランクのロイへの詐欺。何もかも全てが仕組まれていたのでした。
クレイン先生は存在せず、そして…アンジェラという子供もいなかったのです。実際は元妻は流産しており、子供は生まれなかった。

全財産と娘を失ったロイ。失意のどん底ですよこんなの…。

でもね。そこは詐欺映画、ここからさらなるどんでん返しが………!!!!!と思いきや、一年後カーペット店で働くロイ。あれ?
そこへお客さんとして姿を現したアンジェラ。複雑な距離感で一年前のことを話す二人。ロイもすでに怒っていなく、楽しかった日々だけを思い出に過ごしているようです。あれれ????

家に帰ったロイを待っていたのはいつも通っていたスーパーで働いていた女性。なんと結婚し、妊娠していました。
お腹によりそって幸せそうになでるロイ。そしてエンドクレジット。

終わりかよーーーー!!!!!!!

もう一発のどんでん返しはないのかよーーーー!!!!!!!

こんなの詐欺じゃないかーー!!!!!!!…………あ。

あー、なるほど、こう言う意味で「あなたは必ず騙される」ってことだったのかな。
主人公が詐欺に騙されちゃったけど最後はなんとなくハッピーエンド的に。
そうですね、こんな終わりだとは思ってなかったです 笑。
詐欺映画ですからやっぱり詐欺には詐欺で仕返しがあるかなと、思ってました。

いや〜〜騙されました!!でもいい!!面白かったです!!!

1度見た後、今度は違う視点から視聴したいと思える映画です。
とにかくニコラス・ケイジの演技が素晴らしい!!!ほんと好きなハリウッドスターです。

☆おまけ☆アリソン・ローマン(iPad Proにて制作)
アリソン・ローマン

 

URL :
TRACKBACK URL :