デザインは紙質選びにあり!
と言っても過言ではないのだ

デザインは紙質選びにあり!と言っても過言ではないのだ

紙を選ぶということ

印刷する上で最も重要な事に「紙質選び」があります。
どんな紙でどんなデザインを印刷するのか…。
同じデザインでも選ぶ紙質で表現が全く異なります。

紙のイメージ

紙を制するものは、印刷を制する。と言われています。
…嘘です。今僕が勝手に言いました。

でもそれくらい大事な事です。
本気の紙選び、ぜひ取り組みましょう。
 

基本的に取り扱っている紙

印刷で取り扱っている紙質は膨大で、それこそ細かい違いがわからない程に細分化された紙が用意されています。
その中でも安価で大量に利用されている紙は印刷費も安くご提供できます。

SecretCubeでは基本ベースに3種の紙質をご提案しております。
こちらはどれを選んでも料金にほとんど違いはありません。

他にも特殊な紙も様々にご用意できますので、
何か特別な紙質をご希望の場合はご相談ください。

 

光沢紙(アートポスト系)

その名の通り、光沢のある紙質です。
表面にテカリがあり、発色がよく、写真の表現に長けています。

その分文字の書き込みに若干の弱さがあり、ボールペンなど水性のペンだとすぐに馴染まず、
触ると汚れてしまいます。
印鑑なども同じです。指で触るとベロッと汚れます。

とはいえ、名刺に基本何か書き込むような事は少ないので、特に希望がない場合はこの紙で決まりでしょう。

紙質としてはよくある感じになってしまうので、
ちょっと違う雰囲気にしたい時などはこれはオススメしていません。

 

マットコート系

光沢を抑えてしっとりとした質感の紙です。
落ち着きのあるマットコートは上品なイメージを与え、品格をもたせます。

ギラギラしたくないけど、発色が良い方がいい。という場合はコレでしょう。
士業の方などに多い紙質です。
 

上質紙(ケント紙系)

普通の厚紙と思って差し支えないでしょう。
厚手の紙質で、ざらっとした触り心地です。
発色も少し暗めに出ますが、それが逆に落ち着きの雰囲気に繋がります。
どんなペンでもすぐに書けます。
サインもスタンプもメモも何でも書けます。

ただ写真の表現は弱く、
イラストなど手書きの雰囲気の表現にはもってこいです。

一番厚みを感じ取れる点も素晴らしいです。


上記3種が基本的な紙質となります。

 

その他こんな特殊な紙もあります。

ミラーコート紙

光沢紙をさらに越えた光沢感。
とにかくテッカテカしているのでその名が付いたとか付かないとか。
うっかり光を反射して目がくらんでしまう現象にご注意を。

 

パールホワイト紙

真珠のように美しい紙。
エステや美容系の名刺にピッタリな程オフホワイトのパール感が際立っています。
少しお高いですが、やる価値は十分にある真珠紙です。

 

ヴァンヌーボ紙

凹凸がとにかくすさまじいヴァンヌーボ紙。
思わず何度も撫でたくなる程のざらつき感はクセになるでしょう。
とにかく触ってみてください。ザラっとしてます。

特殊な紙は少し料金が上がりますが、その違いは歴然です。
印刷物へのこだわりを必ず感じとってもらえるでしょう。

 

紙にこだわれば世界が変わる

タイトル通り、印刷の出来は紙次第と言っても過言ではないのです。
アンティークなデザインに光沢紙を選んでもどこかアンティーク感が抜けてしまう…。
美しい写真が上質の色合いで思ったような感じにならない…。

せっかくこれだけの紙質があるのですから
デザインや目的にあった紙を選びませんか?

素敵な印刷物で心地よいペーパーライフを送りましょう。

URL :
TRACKBACK URL :