1983年7月15日伝説が始まった
今日はピコピコ"ファミコンの日"

1983年7月15日伝説が始まった今日はピコピコ"ファミコンの日"

世界がゲームで沸いた日

1983年、任天堂からファミリーコンピューターという
家庭用ゲーム機が販売となりました。

ファミコンarcade-gear.com

それはもうとんでもない社会現象で
この日からテレビゲームは子供たちにとって
なくてはなならない存在になった
と思います。

かくいう僕もどっぷりハマったゲーマー少年でした。

 

デザインとしても秀逸

普通にゲームの話をしてもなんですので、
デザインの観点でお話をさせていただきます。

まずのあずき色のカラーリング。
白とあずき色のツートンカラーがすぐに思い浮かびますね。
これには原因があって
当時任天堂の社長だった山内博氏が「赤色がいい」と持ちかけたので、
それに近いプラスチックのあずき色が最もコストが安かったそうです。
金赤とは違う少し渋い赤色が結果的にクールなデザインになったと思います。

デザインにおいてもギラっとした赤や青より、
少しくすませた様な色がカッコよく見えたりするので
とても理にかなっていると思います。

 

こんなカードも出ていました

ニンテンドーのプリペイドカードをご存知でしょうか?
ニンテンドーeショップなどの指定サイトでダウンロードゲームを購入するのに使う
カードです。
ニンテンドーeショップとは?

そのカードデザインも様々出ていますが
唯一目を引いて思わず購入してしまったのがこちらのカード。
ニンテンドープリペイドカード
これはズルいデザインだな〜とニヤニヤしながら買ってしまいました 笑

これはファンにはたまらない見事なデザインだと思います。

 

引き継がれる白とあずき

独特の白とあずき色のツートンカラーは
次世代のゲーム機にも反映されました。
それがこのゲームボーイアドバンスSPのファミコンカラーです。

ゲームボーイアドバンスSP ファミコンカラー
amazon.co.jp

見事なまでにファミコンカラーを再現しています。
これはファンにはたまらない商品となりました。
もうほんと『それがお前のやり方か!!(感謝)』と任天堂様に言いたい。

ええ、もちろん購入しました。

 

ファミコンが好きすぎて・・・

あのドット絵と独特のフォントが好きすぎて
以前にこんな名刺も作りました…。
ゲーム風 名刺
完全なる趣味な名刺ですが、
遊びで配ってみると世代が近い人には好評でした 笑
 

今も新作を出す任天堂

最近ではポケモンGOのウルトラ大ヒットにより
株価がとんでもない事になったニュースが世界を騒がせました。

ポケモンGOも気になりますが
個人的にもっと気になるのが

手のひらサイズでファミコン復活、米Nintendo「NES Classic Edition」発表
Nintendo of Americaは7月14日(米国時間)、手のひらサイズの小型NES「Nintendo Entertainment System: NES Classic Edition」(以下NES Classic Edition)を米国で11月11日に発売すると発表した。価格は59.99ドル。

なんだって!?
まだファミコン出しますか!!さすが!!
ちょっと欲しいかも…。

 

これからもずっと魅了して欲しい

ゲーム業界はますますグラフィックの向上と制作費の高騰が顕著に現れますが、
僕は古き良き8ビットのゲームの世界もずっと大事にしたいと思います。
限られた制約の中で、いかに楽しく工夫するか制作者様は四苦八苦してゲームは生まれてきたと思います。
子供達も限られた予算(お小遣い・お年玉)数少ないチャンス(誕生日・クリスマス)
厳選されたゲームを選んで骨の髄まで遊んだものです。

ドット絵の可愛さと、ピコピコっと表現されるゲーム音には
今もこれからも昔少年少女だった人たちを魅了し続けて欲しいなと思います。

URL :
TRACKBACK URL :