祝10周年!デザインのひきだし第30号間違いなく永久保存版

祝10周年!デザインのひきだし第30号
間違いなく永久保存版

10周年の記念号

"デザインのひきだし"という本をご存知でしょうか。
様々な印刷加工に関する情報が実物見本付き掲載されており、印刷加工の今にせまるデザイナー必見の本です。
私のアイデアのひきだしもいくつかこちらの本にお世話になりました。

それがこの度10周年を迎え、記念すべき30号が発行されました。

その内容がすごすぎたのでご紹介せざるを得ません。
とにかく豪華絢爛、才色兼備、コスパ最高の永久保存版でした。

デザインのひきだし第30号一式↑とても2,160円とは思えない豪華さ。どれが本誌かわからないくらい。

 

89種の特殊印刷加工実物サンプルBOOKがすごい

今回の特集は"新しい印刷加工"でした。
日本や海外の印刷加工技術の紹介とその実例。その数108種。
煩悩の数だけ印刷加工があるのです。

印刷加工とは文字だけ浮き出たようなデコボコ感のあるエンボス加工や、ロゴを金箔で装飾した箔押し加工など、個性を強調する時に使う特殊な技術。
本誌の表紙にも素晴らしい印刷加工が使われていました。
デザインのひきだし30 表紙の加工↑デコボコしたり、金色に光ったり…どうなっているの、と唸ってしまいます。

デザインのひきだし30 印刷加工↑108種類の印刷加工の紹介。気になるコストやお問い合わせ先も載っていて参考になります


今回最も感動したのは108種のうち89種の印刷加工の見本冊子初版限定でついてくる点です。

デザインのひきだし30 特殊印刷加工実物サンプルBOOK
デザインのひきだし30 印刷加工
デザインのひきだし30 3D印刷

1ページ1ページに印刷加工がされており、こんな印刷ができるのか!!とページをめくるたびに驚かされます。
これだけは電子書籍ではどうにもならない点。
紙の本だからこそできる印刷加工の実物見本。資料価値は大きいです。

個人的に冊子からただよう印刷臭がたまりませんでした。
…ええ、変態です。私は。マニアックな癖があります。

わかりますかね、あの独特のインクの香り…。思いっきり開いた本に顔をうずめてしまいました。
是非やってみてください。オススメです。

初版限定と書いてあるので急いで購入した方が良いでしょうね…。
デザインのひきだし30 初版限定

 

祖父江氏考案の"ゆるチップ"紙見本

「ゆるチップ…??」聞いたこともない言葉でした。
これはアートディレクターである祖父江氏が自分の印刷物に適した紙がないということで「作ってしまえ!」とできた紙です。
「ゆるチップ」と名付けられたその板紙はスヌーピーミュージアムで使われたとか。

その紙見本が付いてました。
デザインのひきだし30 ゆるチップ
触り心地もよく、面白い印刷物ができそうです。

 

そしてもちろん実際に印刷した見本も本誌についてました。
これは入場券欲しさにスヌーピーミュージアムに行きたくなります。

デザインのひきだし30 スヌーピーミュージアム

■ピーナツギャング・オールスターズ
日程/2017年4月22日(土)〜9月24日(日)
会場/スヌーピーミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
お問合せ/03-6328-1960(10:00〜20:00)
前売り券:一般1,800円(当日2,000円)、大学生1,200円(当日1,400円)、中学・高校生800円(当日1,000円)※税込
WEBサイト:http://www.snoopymuseum.tokyo

 

新しい紙器(紙でつくられた箱)

もう一つの付録は新しいカタチの箱の可能性を追求する「紙器研究所」の冊子でした。
これも面白い企画で、同じ展開図の外形でも切り込みや折りスジの入れ方次第で、様々なカタチができあがるものです。
全く同じ展開図とは思えないほどバリエーション豊かな箱たち。
実際に作ってみたいところです。

デザインのひきだし30 箱↑同じ展開図なのにスジの場所を変えるだけで組み立てのバリエーションが豊かに。

 

食い入るように見てしまう第30号

印刷に携わる者として最高に楽しい時間を過ごせました。
なんども開いて触ってその加工の感触を楽しんでいます。(もちろん匂いも 笑)

資料としての価値も十分で、今後デザイン企画の提案に一役買うことは間違いないでしょう。
実例見本もありますので紹介しやすくて助かります。

何より印刷加工に心がときめくことが楽しいです。
紙の未来もまだまだこれからだと感じる第30号でした。

印刷に興味が湧くきっかけとして十分な内容があります。
デザイナーさんはアイデアはもちろん、新たなる印刷加工の知識を得る良書となります。

お子様に見せても楽しめると思います。
とにかく触って、見て楽しむエンターテイメント性があります。

大変オススメです!

デザインのひきだし/グラフィック社サイト

URL :
TRACKBACK URL :